結婚相談所EXトップ > 生涯未婚率と男性の年収の深い関係?

結婚相談所には、どんな人が登録しているの?

<よくある誤解>結婚相談所には、いわゆるモテない人ばかりが集まるの?

結婚相談所の会員=結婚できない、モテない人たち
なのではないか?

残念ながら、そういったネガティブなイメージを持つ方もいらっしゃるようです。

しかし、必ずしもそうではありません。

最近では結婚相談所の知名度や社会的評価が上がってきています。

「モテないから、結婚できないから」入会をする、ではなく
「結婚を考える年齢になったから手段の1つとして」入会をするという方が増えており、
実際に会員の年齢層も20代の女性、30代の男性の割合が増えてきています。

また、妙齢で独身、という方ももちろん多くいらっしゃいますが、
結婚をせずにきた「理由」も非常に様々です。

仕事やキャリア一筋に打ち込んできたから、

色々な恋愛を経験してきたが、
将来を共に過ごしたいと思える相手とはめぐり会えていないから、

やむをえない理由で離婚を経験された、
またパートナーと死別をされた 等。

実際に当サイトで紹介させて頂いている結婚相談所のスタッフの方々からも

「正直どうしてこの方が独身なのか」と思うような魅力的な方や
若いうちに仕事に打ち込み、立派なキャリアを重ねている方も多い

等のお話をよく伺います。

結婚相談所の会員の年齢層は?

結婚相談所によって多少違いはありますが、一般的な結婚相談所での年齢構成は下記のようになっているようです。 ※会員数の多い世代から順にご紹介します。

<男性>
メインは30代。
次に多いのが40代前半、20代後半。

<女性>
メインは30代。(特に前半)
次に多いのが20代後半、40代前半。

前述のように、この辺りは各結婚相談所によって違いがあります。
(例えば中高年向けの特別プランなどを提供している相談所は、年齢層が少し高い傾向にありますし、 20代の方向けのライトプラン等を設けている相談所は、年齢が若い傾向にあります。)

自分の年齢や希望条件に合う相談所を探す為に、
まずはいくつかの結婚相談所を比較・検討することをオススメします。

結婚相談所の会員の職業や年収は?

結婚相談所の会員の職業や年収は?

こちらも、結婚相談所によって構成比に違いはありますが、
まず職業。

男女共に圧倒的に多いのは、やはり「会社員」
続いて、「公務員」「専門職」の方が多いようです。
また、男性は女性に比べて「自営業、経営者」の方の割合が多いです。

続いて年収ですが、
まず男性で一番多いのは「年収300万~500万円」
続いて「年収500万~700万」の方の割合が高いようです。

日本のサラリーマンの平均年収が約400万円前後というデータもある中、
結婚相談所を利用する男性には比較的収入のある方が多い傾向です。

前提として、結婚相談所への入会資格として
「安定した一定の収入」が男性には求められ、
実際に収入を証明する書類の提出が義務付けられます。

そのため、結婚相談所に入会している男性は、
経済的には安定している方が多い、と言えるでしょう。

では、女性はどうでしょうか。
一番多いのは男性と同じく「年収300万~500万」
続いて「300万以下」の割合が高いようです。

女性の場合、男性と比較して年齢的に若い方が多いのと、
入会資格に収入の有無が求められないケースがほとんどである為
年収については「一般的な基準」であると言えます。

結婚相談所選びは相性が大切!

幸せになる第一歩は、相性の良い結婚相談所を選ぶこと。
プランをじっくり確認するためにも、
まずは結婚相談所の資料を比較してみませんか?

資料を見てじっくり検討したい無料のカウンセリングを受けてみたい [かんたん][無料]一括資料請求はこちらから

無料一括資料請求

あなたに合った結婚相談所の資料を、無料でお手元にお届けします。

結婚相談所を比較

安心への取り組み
株式会社じげんは
プライバシーマークを取得しています。

このページの先頭へ

- ZIGExN SERVICES
じげんサービス一覧
今までにない、新しい出会い。
じげんは、あなたと豊かな未来をつなぐサービスをご提供いたします。
プライバシーマーク 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。